使っていない床の間を、クローゼットにして有効活用

服をしまう場所がないなら、作ってしまえばいいじゃない。

わが家では、LDK横の和室を寝室兼子供の遊び場にしている。

料理しながら子供を見守れるし、物干し場からも近いので、服をしまうのも楽ちんだ。家事導線的に、最高なロケーション。もともとは客間だったけれど、「なんでも部屋」に変えてしまった。住んでいて楽な家が、私にとっていい家だから。

私は最近、この「なんでも部屋」の床の間を、クローゼットにすることにした。

決めたらすぐ行動。突っ張り棒を3本と、仕切り用カーテンを買う。カーテンはブラウンで、白よりもおしゃれな感じ。ハサミ1つで長さの調節ができるので、とっても便利。

次に、MAWA(マワ)ハンガーも買った。スタイリストさんが本の中でおすすめしていたドイツ製のハンガーで、衣類の肩に跡がつきにくい。普通のハンガーよりは高いけれど、SNSでの評価も高いので買ってみた。形から入るのは大事だと思う。

MAWAハンガーはいろんなタイプを買ってみた

カーテン用のつっかえ棒は簡易タイプにして、衣類用は最大50キロまで耐えられる丈夫なものを2本設置した。

カーテンを通して、服をかけて…。

作業時間、約10分。めちゃくちゃ簡単だ。テンションが上がる。

床の間を簡易クローゼットにして良かったこと

服をしまう場所が増えた。まず第一はこれ。次に、カーテンなのでさっと開けてすぐに服を出し入れできるのもいい。他に良かったことは

  • 床の間用ライトが付けられるので、クローゼットや押し入れより明るい。
  • 息子(2歳)が自分で服を片付けたり、選んだりできるようになった。
  • 家事導線が良くなって、心が穏やかになった。
  • リフォームと違って元に戻せるので、安心して使っていられる。

特に良かったことは、息子が自分で服を選んで、取れるようになったこと。「え?どれ?これ?ん?」なんてやりとりがなくなって、ストレスが減った。(最初は大喜びで服を撒き散らして大変だったけれど、用があるとき以外触らないように言い聞かせた。)

床の間クローゼットに向かない人

私自身は床の間をクローゼットにして大満足だったけれど、

  • ホコリやニオイが気になる人(密閉されてないため)
  • 服の枚数が多い人(狭い)

には向かないと思う。

そもそも、「床の間をクローゼットにするなんてとんでもないわ!」と考える方もいるだろうなあ。

でも、私のように細かいことを気にしない方や、収納スペースが逼迫して困っている方、お子さんが小さくてどうにもならない方、効率を求めたい方にはいいんじゃないかな。


いつも読んでいただき、ありがとうございます。

Atelier Minhoan(なかがみ みほ)へのご質問・ご相談は公式LINEアカウントへどうぞ(^^)

1対1でのやりとりができるので、お気軽に話しかけてくださいね。

IDでも登録できます。【@ius7251p】で検索してくださいね!

Blog happyクローゼット
シェアする
minhoanwpをフォローする
Atelier Minhoan(アトリエ みんほあん)

コメント

タイトルとURLをコピーしました